詳しく知りたいカードローン

カードローンの特徴を考えてみたところ、たとえば、まずカードローンとキャッシングの違いはなにかを比較してみると、同じお金を工面するということに変わりはありませんが、実はお金の返済方法や金利など、比べてみると意外と大きな違いがあることに気がつきます。それは、たとえばキャッシング一つを取り上げてみても、キャッシングとはクレジットカードに付いている現金を引き出すことができる機能のことを指しており、現金の引き出しといったことだけを、主な目的としているのがカードローンということになるのです。また逆にクレジットカードというのは、本来は買い物をする時に現金の代わりとして、支払いなどに利用するためのものであり、現金を借りるためのカードではないと考えられます。しかし現在では、多くの利用者からの希望や要望に応えて、小額ながらある程度の現金を引き出せる機能であるキャッシング機能が付けられているカードがほとんどではないかといえます。それに対してカードローンというのは、現金だけを引き出すためのみに作られているカードといえるので、もちろん買い物機能はついていないし必要ではないともいえます。さらにカードローンとキャッシングを比較した時、現金だけの借入を目的としたいのであれば、当然カードローンを利用した方が得であると考えられ、その大きな理由として挙げられるのが、どうしてもキャッシングの本来の目的から考えると、キャッシングの方が利息が高めだといえるのです。それはたとえば、キャッシングの金利は年利18パーセント程度と利息制限法の上限額の場合がほとんどであるのに対して、カードローンの利息は、借入額が多ければ10パーセントを切るものも多くなってきているからです。さらにキャッシングの場合では、現在は厳しい法律の規制がかかっていることもあるので、ショッピングの枠よりもかなり低く設定されてしまう人も多く、買い物枠が50万円あっても、キャッシング枠が10万円しかもらえないという人がかなり多いとさえいわれているのです。さらには、そうなってくると本当に少ないお金しか借りられないことになるために、キャッシングはお金を借りるにはそれ相応の便利なカードだとさえいえなくなるのです。さらにキャッシングは、カードローン会社の規定により、多くは基本的に翌月か翌々月に1活払いの返済が基本となっていますが、それに対してカードローンはほとんどの場合が、分割払いで利用できることが多いのも大きな特長ではないかといえます。

>>>さらに詳しく知りたい方へ
カードローンはMUFG